So-net無料ブログ作成
検索選択

四角猫石 [にゃんとわん]

連休の朝寝を決め込もうとした私の上に、 落石。

『あなたの上に落ちて来たのは 金の石ですか?
          それとも 銀の石?』 と女神さまの声・・

 い〜え、違います。焦げ茶色のでっかい猫石です!

普段ならベッドの布団の上を足元から歩いてくるので 
なんとか手を守ることもできるのだけれど
今朝は出窓から 直接手をのせたお腹の上にダイブして来た。
息は止まるし、手首が! くの字に曲がりましたから! 
せっかく治りかけているのに〜〜

IMG_4591.JPG

この写真を見ながら、 なんて四角いんだろう
この石をいっぱい並べてピラミッド型に積んだらきっちり積めそう
いっせいに鳴いたら怖いだろうな〜 
なんてこと考えて笑っていたのがバレたのかしら。
IMG_4589.JPG
それにしても四角い。
四角すぎる。
IMG_4590.JPG
並べてみたく、なりますよね・・?

nice!(23)  コメント(10) 
共通テーマ:blog

そろそろ [にゃんとわん]

たまには可愛く撮れた写真を載せてみます。

IMG_5101.JPG


仕事を辞めて一ヶ月経ちました。
今回はじっとがまんして治すことに専念したので、
手をついたりぐっとひねったり重いものを持ったりしなければ大丈夫なところまで
無事回復しました。
これからは 何事もやりすぎないように、自戒しつついこうと思います。

それにしても このひと月の間、回復を妨げた一因がこやつ・・
IMG_4853.JPG

気を抜いている時、右手に頭突きしてくる黒猫。
呼ぶと走ってきて 手にどーん、というのは元気な時ならいいのですが
今は「爆弾」としか思えません。
しかもなでなでしていると全身を預けてくる癖があります。 重いんです。

この冬生まれた、「猫渡り目覚まし」も最強です。
明け方 お腹が空いたと鳴きながら、
布団の上を私の足元からのっしのっしと登ってくる重たい目覚まし。
手を踏まれたら立ち直れないので起きるしかない、と 見抜かれてしまった・・ 

それでなくても冬場はにゃんずが布団を出たり入ったりするたび掛け布団を持ち上げたり
腕まくらしたりせねばなりません。 もぐり込み型のもみじには息抜き穴も確保せねばだし。
あったかい、冷たい、背中寒い、重い・・ 
猫と一緒に寝ている方ならわかっていただけるかと。

もみじは寝る時だけあまえんぼなので可愛くて拒否できないし・・
でも、しばらくするとよほど寒くない限り夜中に布団の上に出てしまうので 
朝には毛布にくるまれているという訳です。




そんなこんなで、さてそろそろ絵を・・というところで、これです。

IMG_5092.JPG

さっそくのお邪魔ありがとう。

何も見えない、と手をどけたら この表情。
IMG_5097.JPG

最初の写真は
私から奪い取ったクロッキー帳の上に
安定感をもってしっかり座り直した瞬間なのでした。

nice!(19)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

違うような気がするけど [にゃんとわん]

この冬、リビング用に購入したベッドSサイズ(猫用)とMサイズ(大猫用)

はいるほう 逆でしょ!?と思う。
IMG_4410-1.JPG

IMG_4408.JPG
無理矢理感満載。


こたつを用意したらすっかり使わなくなったので 出窓に移動。
FullSizeRender.jpg

やっぱり逆でしょ! と思うけど
IMG_4940.JPG

おたがい気に入っているようなので
まあいいか、と思っています。

IMG_4411.JPG


nice!(16)  コメント(3) 
共通テーマ:blog
メッセージを送る